わたしたち彩石は、ご先祖様のご供養をこころを込めてお手伝いいたします。

寺院墓地で探す

  • HOME »
  • 寺院墓地で探す
 
 

ご見学案内、ご相談を承ります。 TEL 0120-148324 受付時間 9:00 – 18:00

 
 

寺院・霊園を探す

天台宗
中院墓苑(埼玉県川越市)

中院墓苑(埼玉県川越市)

平安時代よりたたずむ古刹。狭山茶発祥の地としても有名な寺院。
 
詳しくはこちら

真言宗
三光院(埼玉県朝霞市浜崎)

三光院(埼玉県朝霞市浜崎)

眼病などの平癒を願う衆生の厚い信仰を集めたお寺、藥傳山三光院。
 
詳しくはこちら

満願寺(埼玉県和光市新倉)

満願寺(埼玉県和光市新倉)

室町期以前に開創された古刹。眺望の良い墓苑には永代供養墓も併設。
 
詳しくはこちら

浄土宗
教運寺(東京都港区乃木坂)

教運寺(東京都港区乃木坂)

青山・六本木エリアに接点を持つ乃木坂、その中に浄土宗教運寺があります。
 
詳しくはこちら

森巖寺(東京都世田谷区代沢)

森巖寺(東京都世田谷区代沢)

下北沢の街に溶け込み長い歴史を語る世田谷の森、浄土宗森巖寺。
 
詳しくはこちら

倉常寺(埼玉県北葛飾郡杉戸町椿)

倉常寺(埼玉県北葛飾郡杉戸町椿)

ふるさとのやすらぎと、都市の機能性が両立したお寺。それが倉常寺です。
 
詳しくはこちら

梅窓院(東京都港区南青山)

梅窓院(東京都港区南青山)

都心の中の静寂。そこは青山の歴史を育んだ墓苑です。
 
詳しくはこちら

傳通院(東京都文京区小石川)

傳通院(東京都文京区小石川)

徳川家康の生母於大の方の菩提寺、傳通院。歴史を見守り続けてきた名刹寺院です。
 
詳しくはこちら

安養寺(東京都江戸川区東瑞江)

安養寺(東京都江戸川区東瑞江)

近くには、親水緑道や公園があり、大変静かな立地。日差しと自然に恵まれたお寺。
 
詳しくはこちら

臨済宗
祥雲寺(東京都渋谷区広尾)

祥雲寺(東京都渋谷区広尾)

戦国武将とお茶とお洒落が同居する寺院。
 
詳しくはこちら

正統院(神奈川県鎌倉市山ノ内)

正統院(神奈川県鎌倉市山ノ内)

建長寺の塔頭の墓苑で、 伝統の中にあなたの歴史を刻むことができます。
 
詳しくはこちら

松源寺(東京都中野区上高田)

松源寺(東京都中野区上高田)

「さる寺」と呼ばれ、地域に親しまれてきた寺院。
 
詳しくはこちら

福全院(東京都八王子市大横町)

福全院(東京都八王子市大横町)

「八王子水天宮」安産祈願の信者参詣が有名な寺院。
 
詳しくはこちら

西笑院(東京都八王子市山田町)

西笑院(東京都八王子市山田町)

およそ600年。高台から街を見守る自然があふれる西笑院。
 
詳しくはこちら

宝泉寺(東京都八王子市館町)

宝泉寺(東京都八王子市館町)

武蔵野の地に誕生して500年。時の流れを静かに見つづけてきた宝泉寺。
 
詳しくはこちら

曹洞宗
吉祥院(埼玉県所沢市東狭山ヶ丘)

吉祥院(埼玉県所沢市東狭山ヶ丘)

徳川家康臣。黒田家ゆかりの寺院。バリアフリーな墓地を持っています。
 
詳しくはこちら

崇福寺(東京都葛飾区高砂)

崇福寺(東京都葛飾区高砂)

葛飾の閑静な住宅街にたたずむ寺院。 四季折々の季節を楽しめる崇福寺。
 
詳しくはこちら

長泰寺(東京都新宿区市谷左内町)

長泰寺(東京都新宿区市谷左内町)

市ヶ谷駅から徒歩5分。左打坂を登りきったところにある近代的な寺院。
 
詳しくはこちら

長泉禅寺(東京都渋谷区神宮前)

長泉禅寺(東京都渋谷区神宮前)

洗練された街に位置しながらも、都心とは思えない広さと静けさが広がります。
 
詳しくはこちら

浄土真宗
和田堀廟所(東京都杉並区永福)

和田堀廟所(東京都杉並区永福)

さくら咲く武蔵野の台地にある終の住処。築地本願寺の想いを受け継ぐ由緒正しい寺院です。
詳しくはこちら

妙祐寺(東京都世田谷区北烏山)

妙祐寺(東京都世田谷区北烏山)

古代インド様式の気品漂う本堂。自然環境と風格を魅せるとき、偲ぶ心が景観の中に広がります。
詳しくはこちら

願誓寺(埼玉県所沢市糀谷)

願誓寺(埼玉県所沢市糀谷)

京都東本願寺を本山とし、親鸞聖人を宗祖とする真宗大谷派(九千ヶ寺)の寺院です。
 
詳しくはこちら

日蓮宗
宝清寺(東京都あきるの市小川)

宝清寺(東京都あきるの市小川)

西多摩唯一の久遠寺未寺、花や緑があふれる開放感を感じられる寺院。
 
詳しくはこちら

法恩寺(東京都新宿区須賀町)

法恩寺(東京都新宿区須賀町)

民衆の救済と発願。今も地域教化の伝統。金剛寺。
 
詳しくはこちら

池上本門寺(東京都大田区池上)

池上本門寺(東京都大田区池上)

日蓮宗の大本山。日蓮聖人が今から約七百十数年前の弘安5年(1282)、61歳で入滅(臨終)された霊跡です。
詳しくはこちら

PAGETOP
Copyright © 株式会社 彩石 All Rights Reserved.
Created by Japan Expert System Inc.