わたしたち彩石は、ご先祖様のご供養をこころを込めてお手伝いいたします。

見立寺

 

寿昌山 了心院 見立寺
eitai04_1
永禄元年(1558)後北条氏の川越城将政繁は、城下に一寺を建立して建立寺と名づけ、一族中の存貞和尚を小田原伝肇寺より招請して開山とし、のち見立寺と改めた。存貞和尚は、永禄6年増上寺10世となったが、永禄9年見立寺に再住した。そして先に政繁の母が平方村に造営した蓮馨寺を、川越に移して両寺を兼帯した。
天正18年(1590)豊臣秀吉の禁制書には、「武州川越蓮馨寺同門前 見立寺」と記されている。蓮馨寺門前より当地に移転した年代、経緯など不詳であるが、おそらく、延宝年中(1670年代頃) であると考えられる。
見立寺は文政11年(1828)3月25日、石原火事により類焼、さらに天保11年(1840)4月8日に焼失している。再度の火災により、古文書等も現存していない。現本堂は、明治14年(1881)に建立されたものである。
その他、当寺には、板碑(青石塔婆)二基、徳本上人名号碑、松平(松井)周防守家の阿弥陀如来坐像並藩主位牌などが現存している。
 
正式名称寿昌山了心院見立寺
宗派浄土宗
総本山知恩院
宗祖法然上人
本尊阿弥陀如来

■ ホームページ
http://www.josyuya.com/kenryuji/
おすすめと特徴
浄土宗宗歌
月かげの いたらぬ里は なけれども ながむる人の こころにぞすむ
 
月の光は、いたる所に届いており、届かないような場所はありません。同じく、阿弥陀様のみ光(みひかり)も、あらゆる処に届いているのです。そして、月の光が見る人の心の中に留まるように、阿弥陀様のみ光も、求める人の心に留まるのです。
七福神の布袋様をお祀りしてから、檀家さん以外の方々が、お寺に大勢来てくれるようになりました。そして、布袋様をお参りするだけでなく、多くの方が御本尊(阿弥陀様)にも手を合わせてお参りして下さり、有り難いことと思います。
このページをごらんの皆様は、きっと信仰の厚い方々だと思いますが、お寺の御本尊に手を合わせるとき、何を思い、何を感じているのでしょうか。ただこの世での御利益をお願いしているのでしょうか。今の幸せを感じられず、もっと幸せになりたい、いつでも人より得をしたい。そう思う心は、餓鬼(がき)の心です。食べても食べても、もっと食べたい。飲んでも飲んでも、もっと飲みたい。そんな餓鬼の心です。
宗歌をもう一度お読み下さい。阿弥陀様と向き合ってお念仏している人は、いつでも守られているのです。そう深く信じ、満ち足りた気持ちで、「明るく・楽しく・仲良く」すごしていきたいものです。
 

見立寺の設備


本堂


布袋尊


山門


矢頭右衛門七の妹の墓


 

販売区画のご案内
永代供養塔 とこしえ
とこしえ(=永久の意)
お墓を守ってくれる後継者がいらっしゃらない方などで、お困りの方・将来が不安な方向けの合葬墓です。
「とこしえ」に安置されますと、施主に替わり、お寺が責任を持ってお守りしていきます。
 
御忌会(1月)、春秋彼岸会(3月・9月)にて33回忌までの個別供養料・その後は、一括にて御回向
 
※年回費不要(行事案内等はお送りいたしません)
交通案内
  • 所在地:埼玉県川越市元町2-9-11
  • 交通アクセス:
    JR埼京線・東武東上線川越駅東口より神明町車庫行バスにて札の辻下車、徒歩5分
埼玉県川越市元町2-9-11
PAGETOP
Copyright © 株式会社 彩石 All Rights Reserved.
Created by Japan Expert System Inc.